プロフィール

いつどこなん

Author:いつどこなん
私立法学部出身で、物理、数学はほぼダメな私が、仕事しながら第1種放射線取扱主任者試験に1発で合格しました。勉強期間は7か月強。ほとんど理解はできてません。
合格後は、理解するための勉強を続けています。

※当ブログはリンクフリーです。
リンク貼っていただくのは大歓迎!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
287位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

FC2ブログランキング

↓ ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2種を取ってからと考えている方に

◇第2種から狙わないとダメ?
放射線取扱主任者試験関連のブログを見ていると、
「第1種を取りたいけど、まだその実力がないから第2種から挑戦している」
というような発言を目にします。
この考え方は、半分正しいですが、半分は間違っています。
正しい部分とは、次のいずれかに当てはまる方々についてです。
①実務に関わっているので、具体的な事柄については現場で経験している。
②2日間にわたる試験に耐えられない(バカバカしく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、2日間集中して試験に取り組むというのは、結構しんどいものです)。
間違っている部分とは、
第2種の方が細かい知識を問われるので、第1種とは異なる難しさがある
という点です。
私自身は、受験した年の8月に入ってから、腕試しにと思って第2種の過去問を直近2年分だけ解きましたが、惨敗でした。その時点で第1種の過去問については、最低でも6割は取れるようになっていましたが、第2種では6割に届かない課目が続出でした。自信喪失しかけましたが、「この2つの試験は、ある意味まったく別の試験なのだから、気にすることはない」と、気持ちを切り替えました。
ですから、上記①または②に当てはまらず、「自分は第1種放射線取扱主任者試験に合格するぞ」と思っている方は、いきなり第1種から始めて、何ら問題ありません(逆に言えば、まずは小手調べにという軽い感覚で第2種を受けると痛い目に合うかもしれません)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: これからの勉強法について

とくさん、ご質問ありがとうございます。
どの課目から始めるかについては、ブログの記事で書かせていただきました。
他の具体的な勉強の進め方については、改めて説明させていただきます。
それから、教材としては『放射線取扱主任者 第1種試験問題集 2014年版』(通商産業研究社)を中心に据えてください。これを読み込んでいれば自然に合格にたどり着けます。今は、これを読み込むための基礎を築く段階だと思ってください。具体的な使い方については、まずは過去の記事を参考にしてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houshasenbunkei.blog.fc2.com/tb.php/43-d8c1f1bd

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。