プロフィール

いつどこなん

Author:いつどこなん
私立法学部出身で、物理、数学はほぼダメな私が、仕事しながら第1種放射線取扱主任者試験に1発で合格しました。勉強期間は7か月強。ほとんど理解はできてません。
合格後は、理解するための勉強を続けています。

※当ブログはリンクフリーです。
リンク貼っていただくのは大歓迎!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
270位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

FC2ブログランキング

↓ ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月になりました☆

◇関東大震災
90年前の9月1日に神奈川県を中心に大きな揺れが襲いました。死者数は東京が一番ですが、その多くは火事で亡くなった方たちです。倒壊数は神奈川県がダントツ一番です。1995年の阪神大震災のときも多くの方が火災で亡くなりました。
2011年の東日本大震災でも揺れによる建物の倒壊よりも津波で亡くなった方のほうが圧倒的に多いようです。放射線で亡くなった方もいます。
こうしてみると、自分の勉強していることの位置付けがわかります。また、この第1種放射線取扱主任者試験に向けて学ばなければならないことが、自ずと分かってくることと思います。ここで一旦、教科書を置いて、ご自分の興味の視点で世の中の事象を観察してみてください。そして、感じてください。

◇試験勉強は半年前(2月)からで充分
『放射線概論』読むよりも大事なことがあるのです。それは上記のとおりです。
 「そんなの試験に関係ないじゃないか!」
という声が聞こえてきそうですが、そうではないのです。
試験勉強は、それはそれで、しっかりやらなければなりません。そのためには『概論』のようなテキストも読む必要があります。でも、
 「ただテキスト読んでるだけでわかりますか?」
という話です。
テキスト読んで、過去問解いているだけで、モチベーションが保てて理解もできるのなら、このブログを読む必要はありません(もう私のレベルを超えていますから(^^; 嫌味ではなく純粋に)。でも、そうでない方も多いと思います。その方たちは、いま時間のあるときに(仕事や家庭で忙しいとかはいろいろあると思いますが、少なくとも受験勉強的にはゆっくりできる時期です)、カメラを引いて、いま自分のいるところを把握し、全体を概観してみることをお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houshasenbunkei.blog.fc2.com/tb.php/38-bf11d080

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。