プロフィール

いつどこなん

Author:いつどこなん
私立法学部出身で、物理、数学はほぼダメな私が、仕事しながら第1種放射線取扱主任者試験に1発で合格しました。勉強期間は7か月強。ほとんど理解はできてません。
合格後は、理解するための勉強を続けています。

※当ブログはリンクフリーです。
リンク貼っていただくのは大歓迎!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
300位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

FC2ブログランキング

↓ ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格試験とは

◇資格試験とは
話題の佐村河内氏と上村愛子さんを比較しながら、簡潔に説明したいと思います。
資格試験合格に必要な能力は…
佐村河内氏(と彼を『全聾の天才』として売ったマスコミ)と同様の
「売れればいい」
という考え、割り切りです。
上村愛子さんは、悲願のメダルはなりませんでしたが、オリンピックという大舞台で本人の納得する滑りができたという点が、素晴らしいと思います。しかし、本人も指摘していたように、高得点を取るための滑りではなかったわけです。このこと自体、私は全くネガティブに考えていません。
ところが、
こと資格試験となると、合格したか否かが運命の分かれ目なわけです。もちろん、ここでも自分が納得していればいいというスタンスなら、それはそれで良いです。しかし、試験の準備をしながら、このブログをご覧になっている方たちのほとんどは、自分が試験に落ちて「納得」というノー天気な方ではないのではないでしょうか?
オリンピックでの演技に感動しながら、合格に必要な能力を身に着けるにはどうすればよいか考えてください。
スポンサーサイト

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。