プロフィール

いつどこなん

Author:いつどこなん
私立法学部出身で、物理、数学はほぼダメな私が、仕事しながら第1種放射線取扱主任者試験に1発で合格しました。勉強期間は7か月強。ほとんど理解はできてません。
合格後は、理解するための勉強を続けています。

※当ブログはリンクフリーです。
リンク貼っていただくのは大歓迎!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
287位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

FC2ブログランキング

↓ ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れさまでした

◇試験お疲れさまでした
皆さん、2日間の試験はいかがでしたか? 結構しんどかったと思います。
今年は法令がポイントだったのでしょうか? 私は法学部出身ですが、昨年の法令でさえ7割ジャストしかとれませんでした。『物化生』『物理学』『化学』『管理測定技術』の勉強で手一杯で法令の勉強が手薄でした。その勉強量で今年の試験を受けたら、きっと撃沈していたことでしょう

うまくいった方もそうでなかった方も、ここでゆっくりと休んでください。
お疲れさまでした。
スポンサーサイト

いよいよ

◇本番!!
21日(水)、22日(木)が最も大事な日です!
まずは1日目、熱い心と冷静な頭でベストを尽くしてください。
わからない問題もマークだけは忘れずにしてください (昨年の私は1日目にマークし忘れが10個近くあって、2日目の精神状態がヤバかったです)。

いやな天気が続きそうですが、天気に負けずに頑張ってください!

いまさらですが…

◇加速器と電場・磁場
・静電場:コッククロフト・ワルトン型、ファン・デ・グラーフ型
・高周波電場で静磁場:サイクロトロン、マイクロトロン

では引き続き、勉強頑張ってください!
(本番では100% でなくでも受かります。ご自分のベストを尽くしてください)

あと3日

◇コンディション作りとイメージトレーニング
あっという間に3日前となってしまいました
皆さん、本番に向けて集中力を高めていることと思います。
ここまで順調に勉強できた方も、そうでない方も、22日木曜日(試験2日目)の『法令』が終了するまで、ベストを尽くしてください。特に、まだ合格点に達していないという方は、最後の最後まであがいてください
とはいえ、一番大事な試験本番で力を出せるように、くれぐれも体調には気を使ってください
また、試験前日から本番2日目終了まで、どのように時間を使うのか(何時に寝て、何時に起きて、食事は何時に何を摂るか、休み時間には次の試験の始まる何分前にトイレに行くか、本番の試験問題はどのくらいのペースで解くのか、マークするタイミングなど)を今から十分にイメージしておいてください。うまくいっている自分を何度も何度もイメージしてください。そのために、できる限り前日までに、本番の試験会場の下見をしておいてください。電車で行くのなら、本番と同じ荷物を持って本番と同じ時間の電車に乗って、駅から会場までの行き方を確認してください。私は昨年、本番の前日に、本番と同じ食事を持って、本番と同じ時間の電車とバスを乗り継いで会場に行き、本番と同じ教室で、試験開始時刻(のちょうど24時間前)に『物化生』の過去問を解き始めて、15時頃まで、その教室で勉強をして過ごしました。本番でいつもと違ったことをするとそれだけでリズムが狂いやすくなります。今から試験が終了するまで、しっかりとイメージトレーニングしてください

もう8月!!

◇残り20日を切りました。
猛暑と突然の雨の中、皆さん勉強はかどっていますか?
これからは、過去問以外の新しいことには、あまり手を出さない方が良いと思います。
まずは、これまでに積み上げたものを確実にしていくイメージです。それで足りていないなら、(前回申し上げたとおり)1点ずつ積み上げるつもりで、一つひとつマスターしていってください。
まだ合格点には届いていなくても大丈夫です。ここで冷静に、過去問等を以下のように分類してみてください。
 ①次の瞬間に本番で出題されても確実に得点できる問題
 ②明日が本番なら得点できそうな問題
 ③もう少しトレーニングを積めば得点できそうな問題
 ④まだ得点できそうにない問題
このように分類したうえで、この時期での勉強時間の配分を考えます。
⑴ ①の問題は、サラッと流すだけで結構です。時間がなければ、自信のある方は、直前に見直しをするだけでも大丈夫でしょう。
⑵ ②の問題は、今から少しずつ見直して、それこそ「いつでも、どこでも、何度でも」という感じで、スピードを上げながら理解を深めていってください。
⑶ ③の問題ですが、これが今一番時間を費やすべき問題です。この「もう少しのトレーニング」が本番での+1点を生みます。これも「いつでも、どこでも、何度でも」しつこく繰り返してものにしてください。
⑷ ④の問題は、少し遠目で見ておきましょう。⑶までやっても合格点に達していないと判断するなら、③の問題を何問かマスターしたときに、同じようにマスターできそうな問題がないかどうかチェックするという感じで良いと思います。

◇文系の人は…
上の③の問題で計算問題があるなら、公式一発の問題を優先的にマスターしていってください。自分でできそうな問題から1つずつマスターしていきます。まず問題を解きながら公式を確認して、類題を数問まとめて解いて公式を身に着けてください。勉強法としては当たり前のことかもしれませんが、こうして一つひとつ着実にマスターしていくことが、結局は合格への近道です。本番では類題が数問出題されることが少なくありません。だから、今マスターした1問が本番では3点以上の得点を生み出すかもしれません。

◇いずれにしても…
あれやこれや手を出さないで、必ず今までに身に着けたこと(または身に着けつつあること)を復習しながら、あわてずに一歩一歩進んでいってください。「いつでも、どこでも、何度でも」復習しながら、素早く確実に解けるようにしていってください。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。