プロフィール

Author:いつどこなん
私立法学部出身で、物理、数学はほぼダメな私が、仕事しながら第1種放射線取扱主任者試験に1発で合格しました。勉強期間は7か月強。ほとんど理解はできてません。
合格後は、理解するための勉強を続けています。

※当ブログはリンクフリーです。
リンク貼っていただくのは大歓迎!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2742位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
343位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

FC2ブログランキング

↓ ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法令のポイント(過去問から)

◇法令のポイント(あくまで私自身が注意していたポイントです)
・まずは「放射線障害防止法の目的」(57回問1など)-これはどこが穴埋めで出されてもできるように注意しながら丸暗記しましょう。
「この法律は、原子力基本法の精神にのっとり、放射性同位元素の使用、販売、賃貸、廃棄その他の取扱い、放射線発生装置の使用及び放射性同位元素又は放射線発生装置から発生した放射線によって汚染された物「以下、「放射性汚染物」という。)の廃棄その他の取扱いを規制することにより、これらによる放射線障害を防止し、公共の安全を確保することを目的とする。」
・放射線発生装置の使用(53回問3、51回問1)
放射線発生装置は、その使用のみが法的に規制されている
放射線発生装置の使用 →許可が必要」
・許可または届出手続き(57回問2、56回問4、55回問9など)
放射線発生装置のみの使用許可を受けようとするものが原子力規制委員会に提出しなければならない申請書に記載する事項-①使用施設の位置構造及び設備、②廃棄施設の位置構造及び設備、③放射線発生装置の種類台数及び性能」?「放射性同位元素の使用・保管をしなければ、貯蔵施設に関する事項は不要」
「原子力規制委員会は、使用の許可又は廃止の業の許可を与える際に、条件を付することができる。この条件は、放射線障害を防止するため必要な最小限度のものに限り、かつ、許可を受ける者に不当な義務を課することにならないものでなければならない」
スポンサーサイト

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。