プロフィール

Author:いつどこなん
私立法学部出身で、物理、数学はほぼダメな私が、仕事しながら第1種放射線取扱主任者試験に1発で合格しました。勉強期間は7か月強。ほとんど理解はできてません。
合格後は、理解するための勉強を続けています。

※当ブログはリンクフリーです。
リンク貼っていただくのは大歓迎!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2742位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
343位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

FC2ブログランキング

↓ ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線一般について(と前回の訂正)

◇放射線一般について大まかに把握するために
例えば、
放射線を科学的に理解する 基礎からわかる東大教養の講義放射線を科学的に理解する 基礎からわかる東大教養の講義
(2012/10/18)
鳥居 寛之、小豆川 勝見 他

商品詳細を見る

放射線のABC放射線のABC
(2011/04)
日本アイソトープ協会

商品詳細を見る

などに、ざっと目を通しておくと良いと思います。
①はそのまま教科書にしても良いくらいです。教科書や過去問の文章に馴染めない段階では、この本が教科書の代わりになってくれると思います。副読本としてお薦めです。
②は、放射線の問題についてのイメージを持つために最適な1冊だと思います。全てが試験に直結するわけではありませんが、最低限必要な基本的な概念を把握することができます。
◇前回の訂正
高校物理について『為近の物理講義ノート最頻出問題50』の波と電磁気の問題については、不必要な問題も含まれていたので、訂正しました。
スポンサーサイト

まずは『物理学』から

◇『物理学』から始めましょう
今年の第1種放射線取扱主任者試験の合格を目指してスタートを切ったはいいけど、何から手を付けたらいいか迷っている方の少なくはないと思います。
現場での実用性からいったら『管理測定技術』が最も重要だと思います。しかし、その基礎となるのが、『物理学』『化学』『生物学』『法令』なのです。そのどれもが重要なのですが、習得するのに要する時間や労力、各課目の関連性からいうと、『物理学』から勉強を始めるのがベストだと思います。もちろん放射線物理学に馴染みのある方は、はじめに過去問を3年分くらいサラッと流して、解いた感じから調整していけば良いと思います。そうでない方にとっては、おそらく『物理学』と『化学』は曲者です。特に数学が苦手な文系受験者には、酷な2科目だと思います。その点からは、『物理学』を初めに集中して取り組むことが、数学、あるいは数式に馴染む良い機会となります。
高校物理も未習の方なら、3月末までは高校物理の勉強にあてて良いと思います。大学受験の参考書ないし問題集を使って、力学、電磁気学、熱力学、波、現代物理学の重要事項に目を通しておくと、後が楽です。例えば、
為近の物理講義ノート最頻出問題50―代々木ゼミ方式為近の物理講義ノート最頻出問題50―代々木ゼミ方式
(2002/10)
為近 和彦

商品詳細を見る

の波動までを1か月で読み通すのです(その間も、第1種放射線取扱主任者試験の『物理学』を少しずつ進めていってください)。意識を向けるべきポイントは、
 力学:運動方程式、仕事とエネルギー、力積と運動量
 電磁気学:電場と電位、電磁誘導
 熱:この試験では不要
 波:v=fλ、三角関数
 現代物理学:放射線物理学の導入として用いるのみ
といったところだと思います。
大学受験するわけではないので、すべて自力で解ける必要はありません。 
自分のテキストや問題集で放射線物理学を勉強するときに、「これはあの問題でみた」「この公式だったな」みたいな感覚がつかめる程度で良いのです。ただ、このレベルに達するまでにも、基本的な数学(三角関数、指数・対数関数、微分・積分など)を習得しながらということになりますので、集中力と根気強さは必要になります。
余裕があれば(なくても)、少しずつ化学の勉強も同時に進めていくと良いと思います。

第2種を取ってからと考えている方に

◇第2種から狙わないとダメ?
放射線取扱主任者試験関連のブログを見ていると、
「第1種を取りたいけど、まだその実力がないから第2種から挑戦している」
というような発言を目にします。
この考え方は、半分正しいですが、半分は間違っています。
正しい部分とは、次のいずれかに当てはまる方々についてです。
①実務に関わっているので、具体的な事柄については現場で経験している。
②2日間にわたる試験に耐えられない(バカバカしく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、2日間集中して試験に取り組むというのは、結構しんどいものです)。
間違っている部分とは、
第2種の方が細かい知識を問われるので、第1種とは異なる難しさがある
という点です。
私自身は、受験した年の8月に入ってから、腕試しにと思って第2種の過去問を直近2年分だけ解きましたが、惨敗でした。その時点で第1種の過去問については、最低でも6割は取れるようになっていましたが、第2種では6割に届かない課目が続出でした。自信喪失しかけましたが、「この2つの試験は、ある意味まったく別の試験なのだから、気にすることはない」と、気持ちを切り替えました。
ですから、上記①または②に当てはまらず、「自分は第1種放射線取扱主任者試験に合格するぞ」と思っている方は、いきなり第1種から始めて、何ら問題ありません(逆に言えば、まずは小手調べにという軽い感覚で第2種を受けると痛い目に合うかもしれません)。

資格試験とは

◇資格試験とは
話題の佐村河内氏と上村愛子さんを比較しながら、簡潔に説明したいと思います。
資格試験合格に必要な能力は…
佐村河内氏(と彼を『全聾の天才』として売ったマスコミ)と同様の
「売れればいい」
という考え、割り切りです。
上村愛子さんは、悲願のメダルはなりませんでしたが、オリンピックという大舞台で本人の納得する滑りができたという点が、素晴らしいと思います。しかし、本人も指摘していたように、高得点を取るための滑りではなかったわけです。このこと自体、私は全くネガティブに考えていません。
ところが、
こと資格試験となると、合格したか否かが運命の分かれ目なわけです。もちろん、ここでも自分が納得していればいいというスタンスなら、それはそれで良いです。しかし、試験の準備をしながら、このブログをご覧になっている方たちのほとんどは、自分が試験に落ちて「納得」というノー天気な方ではないのではないでしょうか?
オリンピックでの演技に感動しながら、合格に必要な能力を身に着けるにはどうすればよいか考えてください。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

長い間ご無沙汰してしまいました f^^;

そろそろ過去問解きながら、放射線概論(お持ちのテキストで結構です)を読み進めていきましょう。

次回からです(^^;

合格発表!

おつかれさまでした
合格発表(http://kanpou.npb.go.jp/20131021/20131021g00227/20131021g002270021f.html)
合格された方、おめでとうございます!
今回は残念な結果だった方、来年の合格のために一緒に頑張りましょう!
これからもよろしくお願いします m(_ _)m

お疲れさまでした

◇試験お疲れさまでした
皆さん、2日間の試験はいかがでしたか? 結構しんどかったと思います。
今年は法令がポイントだったのでしょうか? 私は法学部出身ですが、昨年の法令でさえ7割ジャストしかとれませんでした。『物化生』『物理学』『化学』『管理測定技術』の勉強で手一杯で法令の勉強が手薄でした。その勉強量で今年の試験を受けたら、きっと撃沈していたことでしょう

うまくいった方もそうでなかった方も、ここでゆっくりと休んでください。
お疲れさまでした。

いよいよ

◇本番!!
21日(水)、22日(木)が最も大事な日です!
まずは1日目、熱い心と冷静な頭でベストを尽くしてください。
わからない問題もマークだけは忘れずにしてください (昨年の私は1日目にマークし忘れが10個近くあって、2日目の精神状態がヤバかったです)。

いやな天気が続きそうですが、天気に負けずに頑張ってください!

あと3日

◇コンディション作りとイメージトレーニング
あっという間に3日前となってしまいました
皆さん、本番に向けて集中力を高めていることと思います。
ここまで順調に勉強できた方も、そうでない方も、22日木曜日(試験2日目)の『法令』が終了するまで、ベストを尽くしてください。特に、まだ合格点に達していないという方は、最後の最後まであがいてください
とはいえ、一番大事な試験本番で力を出せるように、くれぐれも体調には気を使ってください
また、試験前日から本番2日目終了まで、どのように時間を使うのか(何時に寝て、何時に起きて、食事は何時に何を摂るか、休み時間には次の試験の始まる何分前にトイレに行くか、本番の試験問題はどのくらいのペースで解くのか、マークするタイミングなど)を今から十分にイメージしておいてください。うまくいっている自分を何度も何度もイメージしてください。そのために、できる限り前日までに、本番の試験会場の下見をしておいてください。電車で行くのなら、本番と同じ荷物を持って本番と同じ時間の電車に乗って、駅から会場までの行き方を確認してください。私は昨年、本番の前日に、本番と同じ食事を持って、本番と同じ時間の電車とバスを乗り継いで会場に行き、本番と同じ教室で、試験開始時刻(のちょうど24時間前)に『物化生』の過去問を解き始めて、15時頃まで、その教室で勉強をして過ごしました。本番でいつもと違ったことをするとそれだけでリズムが狂いやすくなります。今から試験が終了するまで、しっかりとイメージトレーニングしてください

もう8月!!

◇残り20日を切りました。
猛暑と突然の雨の中、皆さん勉強はかどっていますか?
これからは、過去問以外の新しいことには、あまり手を出さない方が良いと思います。
まずは、これまでに積み上げたものを確実にしていくイメージです。それで足りていないなら、(前回申し上げたとおり)1点ずつ積み上げるつもりで、一つひとつマスターしていってください。
まだ合格点には届いていなくても大丈夫です。ここで冷静に、過去問等を以下のように分類してみてください。
 ①次の瞬間に本番で出題されても確実に得点できる問題
 ②明日が本番なら得点できそうな問題
 ③もう少しトレーニングを積めば得点できそうな問題
 ④まだ得点できそうにない問題
このように分類したうえで、この時期での勉強時間の配分を考えます。
⑴ ①の問題は、サラッと流すだけで結構です。時間がなければ、自信のある方は、直前に見直しをするだけでも大丈夫でしょう。
⑵ ②の問題は、今から少しずつ見直して、それこそ「いつでも、どこでも、何度でも」という感じで、スピードを上げながら理解を深めていってください。
⑶ ③の問題ですが、これが今一番時間を費やすべき問題です。この「もう少しのトレーニング」が本番での+1点を生みます。これも「いつでも、どこでも、何度でも」しつこく繰り返してものにしてください。
⑷ ④の問題は、少し遠目で見ておきましょう。⑶までやっても合格点に達していないと判断するなら、③の問題を何問かマスターしたときに、同じようにマスターできそうな問題がないかどうかチェックするという感じで良いと思います。

◇文系の人は…
上の③の問題で計算問題があるなら、公式一発の問題を優先的にマスターしていってください。自分でできそうな問題から1つずつマスターしていきます。まず問題を解きながら公式を確認して、類題を数問まとめて解いて公式を身に着けてください。勉強法としては当たり前のことかもしれませんが、こうして一つひとつ着実にマスターしていくことが、結局は合格への近道です。本番では類題が数問出題されることが少なくありません。だから、今マスターした1問が本番では3点以上の得点を生み出すかもしれません。

◇いずれにしても…
あれやこれや手を出さないで、必ず今までに身に着けたこと(または身に着けつつあること)を復習しながら、あわてずに一歩一歩進んでいってください。「いつでも、どこでも、何度でも」復習しながら、素早く確実に解けるようにしていってください。

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。